ART STREET一覧


  • 美術展 まなざしのスキップ作品紹介4

    札幌市民交流プラザでは、7名のアーティストの作品が展示されていますが、
    その中から、SCARTSモールABに作品が展示されている山﨑愛彦さん、鈴木淳
    さんの作品を紹介いたします。

    ◎山﨑愛彦さんの作品
    インドアプランツとインドア
    1900×2600mmと1600mm×1300mmの2枚
    キャンパスに油彩、アクリル/2019

    こちら側には、植物の絵があります。壁の向こう側の面も、まわってみてく
    ださい。あるいは、向こう側を見てからこちら側を見る方もいらっしゃると
    思います。こちら側の絵は、裏面の絵の中に含まれ、またそれを見る私自身
    も、絵に含まれてしまっているようです。会場と絵とが入れ子構造のように
    なり、繋がっていきます。
    作品を制作するとき、山崎はまず様々なイメージ(写真であったり、ネット
    からのイメージであったり、さまざまなものがあります)を組み合わせ、構
    成してからキャンパスへの制作を始めます。そして、塗り残しや線描き部分
    を残した状態で、制作を止めます。そうすることによって、見る人と作品と
    の間で、絵画は完成するであろう「予感」として立ち現れます。完成するこ
    とのない絵画は、見る人ごとの想像力によって補完され、それぞれが異なる
    ものとして認識されるのです。山崎は絵画表現において、見ることと見ない
    こと、見て想像することについて、考察を重ねながら実験を続けています。

    ◎鈴木淳さんの作品
    札幌、調整中
    ミクストメディア/2019

    鈴木の作品には、いつも日常や認識への問いかけががあります。現在1000
    作を超えるビデオシリーズ「だけなんなん/so what?」(北九州弁で「だか
    ら、どうしたの?」という意味)は、日常風景を切り取ったビデオ作品に独
    特タイトルをつけることで、意味をズラし、風景を変え、日常と自分との関
    係性を考えさせてくれます。「もの、かたる」で樺太についての古い文献に
    インタビューをする大学教授や、発電所とは真逆の行為を可視化した「逆発
    電所」など、その作品はおかしみとアイロニーに富んでいます。

    Category:ART STREET
  • 美術展 まなざしのスキップ作品紹介3

    札幌市民交流プラザでは、7名のアーティストの作品が展示されていますが、
    その中から、SCARTSモールABに作品が展示されている鈴木悠哉さん、石場文子
    さん、長谷川裕恭さんの作品を紹介いたします。

    ◎鈴木悠哉さんの作品
    ①archegraph
    スタイロフォーム、粘土、アクリルガッシュ/2019

    ②meta-monuments
    木材塗料、1350mm×900mm×900mm/2019

    ③可変文字
    ヴィデオHD/ループ/2019

    ④archegraph
    スタイロフォーム、粘土、アクリルガッシュ/2019

    大きな立体に、白い不思議な形が描いてあります。丸っこい、人の形を思わせ
    るような立体と、ジグザグな、雷のような形をしたオブジェ。これらは一体何
    の方体なのでしょうか。実は、人でも雷でもありません。これは、作家が見た
    風景の中から切り取った形なのです。
    鈴木は、これまでに数多くのドローイング作品を制作してきました。それらの
    作品では、街中で見つけた様々な形-たとえば看板の腐食した部分の形や、水
    たまりの形など、誰も気にもとめないような形も含まれています。-を、デフォ
    ルメして
    描いてきました。鈴木の目が切り取った日常のささやかな景色は、抽象的な形
    に変換され、見る者に様々な形を想像させます。
    今回の展示では、ドローイングからさらに立体やアニメーションへと変換した
    作品を展示しています。これらの作品から、あなたはどのような形を想像する
    でしょうか。そしてあらためて周りの風景を見返したとき、そこにどのような
    形を見つけるでしょうか。

    ◎石場文子さんの作品
    2と3、もしくはそれ以外(祖母-彼女-彼)
    インクジェットプリント/2019

    ずらりと並んだ写真作品。よく見てください。絵画のように見えてきませんか?
    でも、絵画にしてはリアルすぎるし、写真にしては少し変です。ハンドソープも
    洗面台も、なぜだかひどく平坦に見えます。目の錯覚でしょうか。
    もっとよく見てください。輪郭線が縁取られているものがあります。立体物の写
    真の中に、まるで二次元世界が挟まれているような違和感は、このためでしょう。
    そしてそれらの端やタオルの隅に、滲んだような部分が見えないでしょうか。そ
    う、これは絵画ではなく、現実の写真なのです。黒く縁取られた輪郭線は、写真
    の上からではなく、被写体に直接ペンで描かれています。

    石破は、資格情報からくる認識の問題について考え、実験し続けています。作品
    に写る洗濯ものや台所、ハンドゾープ、お気に入りの布地、これらの写真から、
    そこに写っている誰かの気配や関係性を私たちは想像してしまいます。そのとき、
    見る人も含め複数の視線が写真の中で交差することになります。作品は、私たち
    が目で見ることで認識している世界が、いかに揺らぎやすいものなのかを感じさ
    せると同時に、視界情報から様々な気配や物語を想像することのできる豊かさに
    ついても、考えさせてくれるようです。

    ◎長谷川裕恭さんの作品
    きみのうた2019
    ミクストメディア/2019

    床に金色の人物が、横たわっています。この人は、一体誰でしょうか。靴が片方
    脱げているようです。何があったのでしょうか。四角く区切られた範囲の中には、
    様々な素材を使った作品が配置されています。その多くは、ダンボールや紙など、
    身近な素材でできています。
    彫刻家として活動を続ける長谷川は、石や木だけでなく、ダンボールや紙、ビニ
    ールなど、身近な素材を使って彫刻作品を制作しています。「身近な素材」と言
    ってしまうと軽くてたくさん手に入る、扱いやすいようなものを想像しますが、
    長谷川の作品は、そのような軽い素材感はあまり感じません。それぞれの作品が、
    独特の存在感を放ち、物語をもっています。素材は、作品の存在感と密接に結び
    ついているのでしょう。なぜ横たわっているのか、なぜこの素材なのか、そう考
    えていくと、さまざまな物語が見えてくるのかもしれません。

    Category:ART STREET
  • 「美術展 まなざしのスキップ」が web版美術手帖さんに掲載されました。

    札幌市民交流プラザで開催している「美術展 まなざしのスキップ」が
    web版美術手帖さんに掲載されました。

    https://bijutsutecho.com/exhibitions/4950


    デコレータークラブ―衝動をつくる―
    Decoratorcrab – Intercepting Perception –
    2019年
    木材、塗料 500 × 700 × 1100 cm

    Category:ART STREET
  • 美術展 まなざしのスキップ作品紹介2

    札幌市民交流プラザでは、7名のアーティストの作品が展示されていますが、
    その中から、SCARTSコートに作品が展示されている飯川雄大さんの作品を
    紹介いたします

    デコレーター倶楽部 -衝動をつくる-
    Decoratorcrab -Intercepting Perception-

    木材、塗料500×700×1100cm/2019

    黄色い、大きな階段があります。登ってみてください。
    高さはどんな風ですか?登りにくいですか?どこまで行けますか?階段からの視界
    はどうでしょうか。思った以上に高いですか?
    デコレータークラブは「擬態する蟹」という意味をもつ作品シリーズです。飯川は
    伝達と情報の間に生じるズレや意味について、このシリーズで問いつづけてきまし
    た。鑑賞者が絶対に全貌を捉えることのできない大きな猫や、鑑賞者が能動的に動
    き、壁を押すことでギャラリー空間が広がっていく作品などがありますが、今回は
    新作として、SCARTSコートに大きな階段を制作しました。大きな黄色の階段は、
    見ると「登りたい!」という衝動が生まれます。しかし実際に登ってみると、階段
    自体の段がまちまちで、登りづらかったり、つんのめるような感覚があったりしま
    す。その体験は、おそらく一人ひとり異なるものです。階段を見るとき、人は日々
    利用している慣れた階段の幅や、登りやすいものを想定しがちです。実際に登りだ
    してみると、そこに大きなズレがあることを実感します。そのように、わたしたち
    の認識はいつも視覚とともにあり、それによって、次に起こる体験を先に想定しす
    ぎているのではないでしょうか。だからこそ、様々なズレや思い違いが発生してし
    まいます。そもそも、この大きな黄色の物体は、本当に階段なのでしょうか。
    たまには何も想定せずに、体感してみましょう。そして少し高い位置から回りをな
    がめてみると、またいつもとは別の風景が広がっているはずです。

    Category:ART STREET
  • SCHOOL ART LIVE 作品完成!

    11月9日(土)、10日(日)、札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)を会場に
    SCHOOL ART LIVEが開催されました。
    テーマに沿って、高校生が大型作品を仕上げました。
    作品は、11月24日まで、憩いの空間に展示しています。
    ぜひお立ち寄りください。

    展示期間:11月11日(月)~11月24日(日)
    展示会場:札幌駅前通地下歩行空間 憩いの空間(東西)

    Category:ART STREET
  • 美術展 まなざしのスキップ作品紹介1

    札幌市民交流プラザでは、7名のアーティストの作品が展示されていますが、
    その中から、SCARTSモールCに作品が展示されている牛島光太郎さんの作品を
    紹介いたします。

    外側の形
    日用品、自然物、プラスチック/2019

    牛島は当初、「日常のなかで拾いあつめたモノたちのための彫刻台を作ろうと
    考えている」と話していました。しかし、ひとつひとつのモノと向き合い、そ
    れに合わせた台を作っているうちに、台は台ではなく、だんだんとおかしな形
    になっていたのだといいます。
    ここに並ぶモノたちは、そうやってひとつひとつ、手を加えられたものです。
    あるものは体を支えるための手が付け加えられ、またある者は、まるで空に
    むかって伸びる芽のように、一部が誇張されています。
    およそ経済的な価値のないモノのために、台ではない「何か」をつけ加えてい
    く作業は、それらを使っていた知らない人たちの日常を想像する作業となった
    と牛島は言います。この作品をみながら、これらのモノが過ごしてきた時間や
    状況を、想像してみてください。誰かが過ごしてきた時間を日常の中で想像す
    るとき、自分がこれから過ごす時間をも、明るく見えてくるようです。

    Category:ART STREET
  • 出張シンクスクール

    北2条広場では、札幌駅前通まちづくり会社が運営する「ThinkSchool」による
    出張シンクスクールを開催しています。
    会場では「制作コース歴代受賞者展」、「公開シンクスクール」を開催致します。

    「制作コース歴代受賞者展」
    作品展示:11月9日(土)~11月24日(日)

    <出展者>
    ・写真作品:岩﨑 麗奈「Refrection」
    ・映像作品:石山 ひなの「無題」
    ・立体作品:小里 純子「右向け左・前へ進むな!皆と違って何が悪い!」
    ・絵画作品:山﨑 愛彦「ブレる草」「草らしいモノリスと下地、絵の具」
          「ギラギラの草」「indoor plants」
    ・映像作品:和島 ひかり「ことだま」
    ・立体作品:鷲尾 幸輝「0204883-4500」

    出展者によるアーティストトーク
    「アートの入口はどこにあるの?」
    日時:11月19日(火)19:00-20:30
    会場:北2条広場

    「公開シンクスクール」
    宮津大輔氏「現代アート経済学」
    日時:11月24日(日)14:00-16:00
    会場:北2条広場

    Category:ART STREET
  • University student ART Competition展示準備中!

    11月9日(土)から展示がスタートする
    「University student ART Competition」の
    設営がスタートしました。
    北海道内の美術系大学の作品を対象としたコンペティションで、
    各校から1名推薦してもらい、審査員により大賞を決定します。
    11月24日(日)まで展示しています。

    <参加校>
    星槎道都大学、北翔大学、東海大学札幌キャンバス、
    札幌大谷大学、札幌市立大学、北海道教育大学

    展示期間:11月9日(土)~11月24日(日)
    展示会場:北1条イベントスペース東側

    Category:ART STREET
  • 美術展「まなざしのスキップ」

    札幌市民交流プラザ会場では、7名のアーティストを紹介する
    展覧会「まなざしのスキップ」を開催します。
    アーティストは作品を通して、自分たちの捉えている世界やその方法を
    わたしたちに見せてくれます。
    作品に目をむけ、作者の視線-まざなし-を追うように、
    見つめてみてください。
    それぞれの作品は、私たちのまなざしの向かう先をほんの少しだけ
    変えてくれるでしょう。
    そのことによって、私たちの見ている世界も、少しだけ広がって
    見えてくるのかもかもしれません。
    まるで爪先立ちをした時のように、階段を一段だけ上がった時にように、
    ささやかに。
    これは小さなスキップにも似ています。
    この場所から始まるまなざしのスキップは、私たちをどのような場所へ
    連れていってくれるのでしょうか。

    展示期間:11月3日(日)~11月24日(日)
    展示会場:SCARTSコート、SCARTSモールA、B、C
    参加作家:飯川雄大、石場文子、鈴木淳、鈴木悠哉、長谷川裕恭、
         山崎愛彦、牛島光太郎

    Category:ART STREET