ART BOOK FAIR


01 紀伊國屋書店 札幌本店

札幌市中央区北5条西5丁目7 sapporo55 1F・2F
営業時間:011-231-2131
TEL:011-231-2131
URL:http://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Sapporo-Main-Store/

芸術書担当 小山 大樹

近頃、アートを教養として学ぶための本の刊行が増えております。主に西洋絵画史を中心に、アートの歴史を総括しながら会話の種になるような知識を学べる本です。こういった本ももちろん魅力的ですが、ご自身が興味を持っている特定のテーマやニッチとされているジャンルの本であっても、気軽に芸術書を手に取っていただければ、それもまた深い学びの機会になると思います。また、棚をズラーっと眺めているだけでも、思いもよらない新たなジャンルとの出会いがあるはずです。当店の芸術書売場は、写真やファッション、落語に音楽など幅広いジャンルを取り扱っております。あなたにとっての”新たなるアート”を見つけに、ぜひご来店くださいませ。


JR札幌駅西側にある「紀伊國屋書店 札幌本店」。2階のエスカレーターをのぼって直進した芸術書エリアで「アートブックフェア」が開催されています。

芸術書担当の小山さんがセレクトしてくださったおすすめの4冊はこちら!

★失われた芸術作品の記憶
著者:ノア・チャーニイ

火災や盗難、戦争などで失われてしまった芸術作品にスポットをあてて紹介した一冊。

主に1950年代以降の動向や、40名の作家について、わかりやすく解説されています。

本のはしがきには、「失われた芸術作品を集めた美術館があったら、そこには膨大な数の傑作が収められることになるだろう。」とありました。それだけの作品たちが失われたのは大変残念なことです。写真がたくさん紹介されていますので、幻の美術作品たちに思いを馳せてみませんか。

★月と六ペンス
著者:サマセット モーム

画家・ゴーギャンをモデルとした人物“ストリックランド”の半生を描いた芸術小説です。

1919年に発表され、空前のベストセラーとなった一冊。「『アートの入口』と言われれば、ダントツでこちらをおススメします。いつ、何度読んでも色褪せない面白さと魅力があるから、安心して勧められる」と書店員の小山さん。ダントツ!ということなので、ぜひお手に取ってみてください!

★ドビュッシーはワインを美味にするか?
著者:ジョン パウエル

ヘビメタ好きは言語能力に長けている?スローテンポのBGMは購買意欲を高める?モーツァルトを聴くとIQが上がる?

音楽には不思議な力があるようです。その秘密を紐解く著者の解説はとてもユーモラス!プライベートの出来事や、わかりやすい説明で、そのヒミツを教えてくれます。

★空想旅行
著者:ブルーノ・ムナーリ

こちらは小学生にオススメ本として紹介されています。
イタリアのデザイナー、芸術家のブルーノ・ムナーリ。子どもの創造教育や独創的な絵本の作者としても知られています。本を開くと黒い点がランダムに並んでいます。この点からどんなデザインが生まれるのか?目からウロコ!あなたはどんなデザインを創造しますか?

子供だけでなく、大人も一緒に楽しめそうです!頭が柔らかくなると、いろんなヒラメキが生まれるかも?

芸術書のエリアでは写真やファッション、落語、音楽など、多彩なジャンルの書籍が取り扱われています。棚や壁面では、おすすめの本が素敵に紹介されていますので、そちらもぜひご覧になってみてください。同じ2階にはギャラリーもあり、写真展や絵画展が開かれていますので、書店内をぐるりと巡ってみてください。

一覧に戻る