ART BOOK FAIR


  • 会場
    紀伊國屋書店 札幌本店
    札幌市中央区北5条西5丁目7 sapporo55 1F・2F
    札幌市中央図書館
    札幌市中央区南22条西13丁目1番1号
    札幌市図書・情報館
    札幌市中央区北1条西1丁目 札幌市民交流プラザ1・2階
    MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店
    札幌市中央区南1条西1-8-2 高桑ビルB2〜4F
  • 開催期間
    10/25(金)~12/1(日)

アートブックフェアの楽しみ方はさまざま。参加の書店や図書館には、
それぞれの担当者がオリジナリティあふれるおすすめアートブックを紹介しています。
おすすめブックを手にとってみるもよし、思い切ってスタッフの方に話しかけてみるのもよし。
ぜひとも「はしご」して素敵な1冊との出会いを求めてみませんか。

ART BOOK FAIR in チカホ
さっぽろアートステージ2019キックオフイベント会場にART BOOK FAIRがお目見え!書店や図書館司書の皆さんによる2019年のノミネートブックが一挙にご覧いただけます。
■日時 2019年11月9日(土)・10日(日)
■会場 札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ) 北3条交差点広場付近
  1. 01 紀伊國屋書店 札幌本店

    札幌市中央区北5条西5丁目7 sapporo55 1F・2F
    TEL:011-231-2131
    URL:http://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Sapporo-Main-Store/

    芸術書担当 小山 大樹

    近頃、アートを教養として学ぶための本の刊行が増えております。主に西洋絵画史を中心に、アートの歴史を総括しながら会話の種になるような知識を学べる本です。こういった本ももちろん魅力的ですが、ご自身が興味を持っている特定のテーマやニッチとされているジャンルの本であっても、気軽に芸術書を手に取っていただければ、それもまた深い学びの機会になると思います。また、棚をズラーっと眺めているだけでも、思いもよらない新たなジャンルとの出会いがあるはずです。当店の芸術書売場は、写真やファッション、落語に音楽など幅広いジャンルを取り扱っております。あなたにとっての”新たなるアート”を見つけに、ぜひご来店くださいませ。

  2. 02 札幌市中央図書館

    札幌市中央区南22条西13丁目1番1号
    TEL:011-512-7320
    URL:
    http://www.city.sapporo.jp/toshokan/sisetu/chuo/chuo.html

    札幌市の図書館キャラクター ヨムくん

    中央図書館84万冊の蔵書から、今回は【工芸】をテーマに、図書館員選りすぐりの本を展示します。【工芸】とは、実用品に機能性と芸術的な美しさを融合させる「ものづくり」のこと。古くは縄文時代から現代にいたるまで、人類が生み出してきた、さまざ まな【工芸】にまつわる本の中に、あなたの「琴線」に触れるものが、きっと見つかるはずです。ご来館をお待ちしております。

  3. 03 札幌市図書・情報館

    札幌市中央区北1条西1丁目 札幌市民交流プラザ1・2階
    TEL:011-208-1113
    URL:https://www.sapporo-community-plaza.jp/library.html

    札幌市図書・情報館 アート担当

    図書・情報館のARTエリアでは、アートにより親しんでもらうための展示を定期的に行っています。今回のテーマは、1919年にドイツに設立された総合芸術学校「バウハウス」。今年創設100周年を迎えました。開校時期はたったの14年でしたが、モダンデザインの礎を築いたその理念は分野を超え時代を超えて世界に影響を与えました。ちょっぴりディープなアートの入口、どうぞ気軽に扉を開けてみてください。美術・デザイン・写真・建築など様々な分野の本が並びます。見覚えのある作品にも出会えるかもしれません!

  4. 04 MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店

    札幌市中央区南1条西1-8-2 高桑ビルB2~4F
    TEL:011-223-1911
    URL:http://honto.jp/store/detail_1570046_14HB320.html

    芸術書担当 木村 めぐみ

    アートって一体何者なのでしょう?芸術書担当のくせに未だによくワカラナイ!難しいことは苦手なので素直に、単純にこれ好き!とか何か気になる!とか自分が感じたことを大事にしています。拾い集めた“好き”はちょっと片寄ったりしているのですが、それはそれで良しとしています。アートに触れることは自身と向き合うことにも繋がっていると感じます。芸術書担当でヨカッタ!是非あなたの“好き”を探しに来て下さい。

※開催期間は施設により違いがありますのでご注意ください。
※営業時間・休業日等をご確認のうえ、おでかけ下さい。